はじめての投資信託で証券会社を比較する場合には

男性

証券会社の比較方法

相談

貯蓄している資産運用の一つで、投資信託というものがあります。投資信託とは複数の投資家から集めた投資金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用することを指します。その運用成果は投資家それぞれの投資額に応じて分配されます。分配されるタイミングは扱う投資信託などによっても変わるため、年に1回であったり月に1回であったりすることがあります。この資金の運用には専門家がいて、この専門家が株式や債券などに投資を行い、運用していきます。少額から投資をすることが可能であり、月々少額を積み立てて投資をする投信積立といったサービスもあります。この投資信託は多くの場合が証券会社で運用されています。様々な証券会社が投資信託を扱っていますが、初めて投資信託を利用しようとする場合はどう比較していいか困る場合も多いでしょう。少額から可能とはいえ、資産の切り盛りを他人に頼むことになるため、安心できるところを第一に選ぶ事も多くあります。そのため、まず初めて投資信託を行う際はいくつかの証券会社を比較する際、ローロストローリターンであるものから選んだ方がいいでしょう。中でも価格の上がり下がりが激しくなりにくい、債券型投資信託が最適です。大手の証券会社ではこの積載型投資信託の取扱の本数も比較的に多く、また投資時に購入時手数料がかからないノーロード投資信託というものがあります。こうした手数料がかからないところを選ぶのも、資産の減少リスクを減らす方法としては重要です。